七面倒でやりたくないおそうじが快適になるテクニックはいかが?

じゅうたんの清掃なら、やっぱり掃除機で行うのが便利でしょう。なお、絡みついた抜け毛の様な電気掃除機で集められないものに対してはコロコロクリーナーを使うのが実用的ですが、他にもゴム製手袋を利用して出来るノウハウと言うのもあります。

庭用・水回り用として売られているゴム製の手袋も、実は敷物をおそうじするのに大活躍します。

表面の毛が長いタイプの敷物ですと小さいごみは内部にはいり込んでいる事が多く、そんな時はゴム製の手袋で軽く擦ると抜け毛・チリが次第に浮き出てきます。

窓拭き掃除は不得意、という場合はヨゴレが付着しにくくなる裏技がおススメです。

具体的には真水で希釈した酢酸もしくは柔軟剤でガラスをこすれば専用の保護剤に近い効力が得られ、窓ガラスが汚れにくくなります。
シェア→http://xn--nckl9as4a1b1m5e6353bjy3f.com/

面倒くさいおそうじも快適な時間にするノウハウを試してみました!

窓ガラスを掃除するでも様々な隠し技があるものです。

砂ぼこりですとか水滴といった窓ガラスの汚れは目立つものではないでしょうか。市販の洗剤以外でも利用できるツールが多種多様にありますから、積極的にあれこれと使っていくと良いでしょう。新聞紙の類はガラス窓拭きのためのアイテムとしても割とポピュラーです。

その他にガラスでも室外側の方はとても汚れているものですから、捨てる前の衣服を使ってガラスを掃除するとそのまま捨てる事が出来るので使い勝手が良いだと言えます。

隅っこに積もった汚れは、お塩を使ってふき取れます。

じゅうたんのシミですが、薄力粉ですとかふくらし粉等を使えば綺麗にできます。

そもそも重炭酸ソーダはお掃除の時によく利用されるものですが、実は薄力粉の方もシミ抜きに関するスペシャリストです。

食べ物による汚れを綺麗にするので効果のある素材です。
シェア→http://xn--vck8crc480xff5aken9xv.com/

面倒でやりたくないお掃除も手軽にするノウハウが超便利!

肉眼では見えなくてもとても汚れている事が多い物は電気洗濯機でしょう。洗濯槽の裏面に繁殖している黒カビが、洗濯したものから漂うにおいなどの元になって困らせている事例が珍しくありません。効果的に使える解決のテクニックについて習得してさっぱりした日常にしましょう。市販されて手に入る洗たく機用のクリーナー以外にも、酢とクエン酸、そして過炭酸ソーダの類も洗濯槽のお掃除に効果的とされています。

特に、洗剤を入れる専用口ですとか洗濯槽の孔なども、気づかなくても実はかなり汚れが溜まっているケースが多い箇所とされています。

洗たく槽をおそうじするのも肝要なのですが、何よりかび等を生じさせずに済む使用も意識して下さい。洗い物を中に溜めたままでは菌類が増殖し易くなりかねません。ですので洗濯したらフタを開けたままにする事によって洗濯槽内の湿度を下げるように配慮して下さい。
共有サイト⇒妊娠中サプリメント