働いていない主婦の方が「総量規制」の対象外となる銀行でお金を借りることにすれば…。

総量規制により制約を受けるのは、私人が資金を融資してもらうという時です。従いまして、一個人が事業資金として借り入れする場合は、総量規制によって制約を受けることはないのです。貸す方の金融機関の立場からすれば、「お金を借りる人が間違いなく収入を得ている」という証を得るための作業を行う必要があります。それが在籍確認になるというわけです。年々利用者が増加しているカードローンの借り換えとは、利子の負担や長期に亘る返済負担を軽くすることを目的に、今の借入先とは全く異なる金融機関に借入先を移行することを言っているのです。お金を借りる場合に行なわれる在籍確認につきましては、その日程と時間帯を指定することが可能です。とは言っても極端な時間帯、あるいは数ヶ月も後といった怪しいと思われるような指定はできるはずもありません。消費者金融や有名な銀行の中には、お得な「無利息借り入れ」を強みにしているところが散見されます。この無利息サービスで資金調達すれば、所定の期限が過ぎるまでは無利子となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です